食物繊維や乳酸菌だけに頼らないで効果があものは?

食物繊維や乳酸菌だけじゃない

スッキリしない、なんかお腹が張るしこれじゃ日常生活に悪影響!意識して食物繊維をとっているし、ヨーグルトだって食べている、でも出ていかないから苦しい。

 

その便秘の原因実は食物繊維や乳酸菌で解決できるわけじゃないのかも、私はこうして便秘解消、快腸生活を手に入れました。自分のからだがどのような仕組みで、どんな便秘解消方があっているのかぜひいろいろ試してみて欲しいと思います。

 

胃腸の働き弱めていません?

 

 

沢山食べれば沢山でる、だから蠕動運動を促すために食物繊維を沢山とり腸内環境を整えるために乳酸菌も摂取するというは間違いではないと思います。しかし、そう思って食欲がなかったり何だかからだが疲れているときにも無理に食事をしてしまうことが私にもよくありました。

 

その結果何だか体の機能が正常に機能していないような疲れた感じがしました。そんなある日夕食のタイミングがとれなくて、そのままなにも食べずに寝てしまったことがありました。

 

すると、なぜか翌日良い状態の排便があったのです、スッキリしたおかげでなんだか体も軽いしラッキー!なんて思っていました。なにか特別なことをした訳じゃありません、ただ一度食事を抜いたことで胃腸が休めたのではないか、その結果本来の機能を発揮したのではないか!?私はそういう感覚を覚えました。

 

便秘以外の症状とのリンク

 

胃腸を休めることで何となく調子を取り戻し、徐々にスッキリする日が増えていき、そして便秘解消と共に体の様々な問題が改善されていきました。まずはニキビ!これはもう、広く知られていることですね、顔にあったボツボツした憎きニキビが減ったのです。

 

やはり腸内から悪い物質は出すべきだというが見た目でも確認できました。そして女性の皆さんは特に気になる体重。便秘が解消されたことによってお腹回りがスッキリして少しきつめだったパンツもスルッとはけるようになりました。

 

つまりこのパンツがはけなくなったら危ない信号だと自分を管理するようになりました。

 

そうして胃腸が整いスッキリして毎日を送ることでストレスも減り、自分の体はなにかを沢山摂取するのが良いのではなく、胃腸に無理をさせないように管理することが大切なのだと実感しました、摂取することと排泄することのセットは自分にあった方法を知ることが大事ですよね。